ブログトップ | ログイン

おんながパンやになるということ。

thedonuts.exblog.jp

クープ。

d0166536_1446121.jpg

前回のサワー種を使って。



いやいや、クープのダメだしいただきまして。

d0166536_14482152.jpg


こじんまりとしたカンパーニュ・・・。

そう、クープは模様の為に入れるのではない!

焼成する時に負担なく膨張してもらうために入れるのだった!

こんな場所にいれたら、上に伸びて横に大きくならないのです。

富士山のよう?

・・・プププたしかに。

もっとキワですね。

まだまだ。

でも、気づけてよかった。

このカンパーニュ、サワー種を0.1%しか入れてないのに

結構すっぱい。

我が家はすっぱいパンに慣れてないせいか、

「すっぱい、すっぱい」

「うん、すっぱいね」

と騒ぎました。

でも、ドイツパンからすれば薄味もいいところなんだろうけど。

サワー種、威勢が良いです・・・。


d0166536_1459668.jpg


パンのストックがない日にコーンブレッドを焼く。

しかし、パンではないなぁ。

モソモソポロポロで、マフィンの極薄塩味ってかんじ。

コーンミールの独特な鼻を抜けるカホリ。

そのままではちょっと無理。

d0166536_1505962.jpg


マスタード塗って、栽培している葉物と、

ハムとチーズでサンドしていただきました。

まぁ、食べ応えはあるけれど。。。

パン屋ではやらないと思います。(笑)

d0166536_153469.jpg


パンケーキを焼いてバナナオムレットにしてみたり。

最近は、単発で作ってのんびり過ごしております。

なんとなく、方向も固まってきてるので、

そろそろ作るの再開予定。

来月からパン便始めるかも??

その前に、来週はマクロ便でございますよ。

試作を週末に作ります。



■■■クープについての覚書■■■

【クープの役目】
焼成前にクープを入れて、生地の表面に弱いところを作り、釜伸びをコントロールするのだそう。


(クープを入れなかったら??)
・・・パンクです。(笑)
思うように釜伸びできない生地は表面の弱いところから爆発!!!成形が台無し。


(力のない生地へのクープ)
ホイロオーバーとか、ライ麦率の高い生地とか。
あっさりクープで。
縦の構造が弱い生地に深く入れてしまうと膨らむ以前にペチャンコに。


(力の強い生地へのクープ)
焼く直前は一番調子のいい状態。
もう少し深めのクープでオッケー。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・う~ん、我ながらざっくり・・・。
by the-doughnut | 2013-06-13 15:19 | お勉強
<< マクロビ便。3 自分のお店。 >>