ブログトップ | ログイン

おんながパンやになるということ。

thedonuts.exblog.jp

山食とカンパーニュ

d0166536_12235246.jpg


山食突入。



d0166536_12242721.jpg


今週は山食とカンパーニュばかり焼いております。

山食はトーストしてサックリと軽い食感で食べてもらいたくて、

砂糖不使用、スーパーキングにちょこっとタイプERという配合で。

砂糖を使ってないのは食べる時にジャムやバターなど塗る前提で

あまり味をつけない為。

でも、その分イーストの活動を遅くするのでモルトエキスを使います。

一晩冷蔵発酵。

もうちょっとイースト減らしてもいいかも。

それにしてもスーパーキングときたら・・・。

生地がブリンブリンで逆に扱いずらいったらありゃしない(笑)

これはERとの割合を考えねば。

それかカメリヤを組み込んでみるとか???

焼成温度も再考すべき点です。

側面までしっかり焼きたい派なので。

まだまだ改良の余地ありまくりです。

d0166536_12315674.jpg


食べたときにクラストはバリリと香ばしくて、クラムは柔らか。

とってもライトです。

角食はサンドイッチにしたり生で食べたり。

私自身がそうなので甘めのしっとり味に作ってます。

ちなみにこれはレーズン酵母です。

d0166536_1234169.jpg



もう少しなんですよ・・・ホント、もう少し・・・。

カンパーニュはそろそろ終盤。

あんまり酸味が強いのはこの界隈では好まれないので、

ライ麦もほどほど配合。

レーズン酵母のポーリッシュ使いです。

水分量の微調整で悩んでいるところなんです。

もっちりしっとりさせたい、かつ、扱いやすいギリギリのラインの水分量。

今仕込んでいるので落ち着ければうれしいなぁ。

d0166536_12451174.jpg


これはちょっと固めの生地。

だから、とっても扱いやすい!

しかし出来上がったカンパーニュは翌日にはパサついてくるのです・・・。

う~ん、悩む。

さぁ、もうひとふんばりっ。
by the-doughnut | 2014-05-31 12:46 | 食ぱん
<< ポーリッシュカンパーニュ。(レ... ポーリッシュカンパーニュ。(レ... >>